行事報告

手作りリース(ハンドメイドの会)

アドベントの期間中、教会はクリスマスを心待ちに礼拝しています。

今日はハンドメイドの会が幼稚園のお母さん方と一緒に

手作りリースを製作しました。

IMG_3294

IMG_3295

信徒Mさんが山から集めて来た自然の材料(すごい!)

それぞれに好きなものを選んで、オリジナルのリースを作っていきます。

IMG_3296

作りながらお喋りするのも楽しい!クリスマスはみんなの心を豊にしてくれます。

イエス様のお誕生をお祝いする本物のクリスマス。

皆様も体験してみませんか?

IMG_3297

お久しぶりです♡ハンドメイドの会

幼稚園のお母さん方にご好評いただいていた

教会信徒による「ハンドメイドの会」。

事情により、しばらくお休みしていましたが、この度再開となりました!

本日は「多肉植物のミニ寄せ植え」を、みんなで楽しみました〜

DSCN0054

多肉植物と言われると 何!? と思われるかもしれませんが

誰でも一度は見たことのある、厚味のある質感の植物です。

小さいものはステキなインテリアに!

お花とはまた違った趣があって、かわいいです♡

DSCN0055

材料はこんな感じで・・・

DSCN0059

DSCN0060

参加者は同じ幼稚園にお子さんを通わせるお母さん方。

小さい子を連れていても気兼ねしなくて良いのが

「ハンドメイドの会」の良いところです!

DSCN0056

また皆さんと豊な時間が過ごせますように!

どうぞ、気軽にご参加くださいね〜

クリスマスリース作り(ハンドメイドの会)

今日のヤコブ教会ハンドメイドの会は、クリスマスリース作り!

昨年もたいへん人気だったリース作にりは、今年もたくさん

幼稚園のお母さんが参加されました。

RIMG0108

世話人(Mさん)が山から集めてくれた材料の他にも

家庭から気に入ったリボンや飾りを持って来て

リースに飾っているお母さんもいましたsurprise

RIMG0111

熱心に製作に励むお母さんたちの傍らで、教会のメンバーは

子守役(笑) 子どもたちを遊ばせながら

お母さんたちの優雅なひと時をお手伝いします〜

RIMG0112

そろそろ完成でしょうか?

実際に飾ってみて、出来具合を確認!

RIMG0115

木の実や葉を主体に自然で素朴なリースにした人

リボンや造花でゴージャスなリースにした人

それぞれのクリスマスへの気持ちがこもった作品になりました。

RIMG0116

お母さんたちの力作、家族の方もきっと喜ばれたことでしょう。

どうぞ、よいクリスマスと新年をお迎えください!

RIMG0117

バンサーイターン支援の会高松・チャリティーバザー

11月12日  タイから帰国した早川文代さんを迎えて

バンサーイターン・チャリティーバザーが行われました。

「バンサーイターン」とはタイ語で「小川の家」という意味です。

早川さんたちは、タイ北部のチェンマイで様々な機会に恵まれず

社会的に見過ごされている人々が人並みの生活が築けるように

職業訓練を提供するプロジェクトを行っています。

RIMG0064

タイではエイズ、HIVと共に生きる人々や路上生活を送る人の大半が

山岳民族やミャンマー等からの移住者で、政府の社会保障や公的援助

雇用機会からも遠ざけられています。

今日のバザーには、「バンサーイターン」で製作された山岳民族の手作り品や

研修生の作品を販売するコーナー、高松で活動を支援する方々の

手作り雑貨やお菓子が並びました。

RIMG0074

会の中では早川さんから活動のお話を聞く時間がありました。

タイの厳しい現状が報告される一方で、日本にも確実にあるHIVの問題・・・

私たちも周りにも存在しているのに、見えにくくなってきている貧困や差別についても

考えさせられる機会となりました。

RIMG0066

「バンサーイターン(小川の家)」という名前には、苦しい生活状況に

おかれている人々に「機会」という水を注ぐことで小川を生み

やがて希望という大河へ流れていくという願いが込められています。

今の子どもたちが大きくなった時、世界中の様々な人々に

等しく「機会」という水が注がれているように・・・早川さんの活動は

そんな未来に繋がる一歩なんだと感じました。

教会創立記念日

7月20日は高松聖ヤコブ教会の創立記念日でした。

午前中の創立記念礼拝に続いて、午後からは聖堂でミニコンサート

が行われました。

P1030279

大正琴演奏

   大正琴を愛好する信徒が先生と子弟共演。

歌謡曲や「アナと雪の女王」など、みんなが知っている曲を披露してくれました。

P1030281

こちらは、筑前琵琶愛好家の信徒。

    琵琶の語りは長くて聴く方もたいへんなので

    今回は楽器の紹介が中心でした。

P1030284

そして、恒例になったヤコブ幼稚園コーラスクラブ「ステラ」とその子どもたち!

夏休みに入って、いつもより少ないメンバーでしたが、素敵な歌声と

自分たちで意見を出し合って選んだ曲は、心に残る歌ばかりでした!

P1030287

P1030290

創立記念礼拝・ミニコンサートには、普段から教会と交流のある

近隣の方々も足を運んでくださいました。

教会が色々な人を繋ぐことができて、とてもよい1日でした。

みなさん、ありがとうございました!

多肉植物の寄せ植え

みなさん「多肉植物」ってどんな植物がわかりますか?

葉っぱがぷくぷくしていて、水やりもほとんど必要ない・・・

そう!多肉植物は多くがサボテンの仲間だそうですヨ~

RIMG0145

今日は多肉植物を小さな鉢に寄せ植えして楽しみます。

こうして見ると、いろいろな姿をしたものがあるんですネ~

RIMG0146

小さな鉢に土を入れ、割りばしで土を動かしながら

一本ずつ植えていきます・・・

RIMG0147

30分もたたないくらいで、この出来栄えsurprise

インテリアとして楽しめる寄せ植えになりましたヨ!

RIMG0149

中には赤く色づいたものや、つるを伸ばしている植物もありました。

このままのサイズで、数年の間楽しむことも出来るそうです。

RIMG0150

ガーデニンクと違って場所をとらないので 「箱庭」 のような

感覚で楽めるのがいいんだそうですcheeky

RIMG0151

ちなみに、本日の1セットがこれ↓ 苗はお店で買うとけっこう高いので

育てている人から分けてもらうのがよいそうです。

RIMG0148

寄せ植えの後は、ティータイム。

本日は キャットニップ と グレーピフルーツミント のお茶でした。

(ミントって本当に種類が多いですね!それぞれちゃ~んと香りが違うんですヨ)

RIMG0153

寄せ植えは、持ち帰ってお家でインテリアとして楽しんでください!  

      ・・・うまく育てば株分けもできるかも!?

RIMG0154

ハンドメイドの会 「いちごジャム作り」

「ジャム作り」と聞いて、集会室を除いてみると

皆さん座ってお喋りしている・・・「まだ始まってないの?」ときくと

本日のレシピを教えてくれました。

RIMG0033

① いちご に 砂糖(いちごの30%~50%の重さの砂糖) を入れて

  レモン汁をふりかけ、20分おきます。

※ レモン汁は いちごの色が悪くなるのを防ぎます。

  こうして20分待つと、砂糖の浸透圧で、いちごから水分が出てきます。

今は20分の待ち時間だったんですね~cheeky

RIMG0035

さて、いちごから水分が出たところで、鍋を火にかけます。

② いちごを潰しながら、強火~中火で煮ていきます・・・

RIMG0040

グツグツ、コトコト・・・根気のいる作業なんですが

いちごは水分が多い果実なので、他の果物よりは早くジャム状になるらしいです。

お喋りしたり、交代しながら、混ぜ続けます。

RIMG0041

こちらでは、ジャムを入れるガラス瓶を煮沸しています↓

RIMG0042

いちごの粒がなくなりかけた頃、表面にアクが出てきました。

アク取りは神経質になると、食べるジャムが減ってしまうので

ほどほどでよいそうです!

RIMG0043

さて、そろそろ完成ではないでしょうか?

すでに建物の外まで、甘い匂いが漂っていますヨ~

RIMG0048

火を止めて、ジャムをビンに詰めています。

お母さんたち手早いです! 実はこの時点でジャムは熱いですから

ビン詰めはスピードが大切です 「アチチ!」

RIMG0047

ビンに蓋をしたら、逆さまに置きます。

こうすることで、ビンの中や蓋についた雑菌を熱で退治するんだそうです。

RIMG0051

では、余ったジャムで試食タイム~

レモンバームとクールミントのハーブティーも入りました。

爽やかな香りと鮮やかなグリーンがジャムの赤にとても合っていました。

RIMG0054

手作りスコーンを持って来てくれたお母さんもいて

すっかりカフェ気分laugh

RIMG0055

ちなみに、野いちごのジャム↓ の試食もありました。

いちごより濃厚で好評でした。 

季節のいろんな果実をジャムで味わうのも

おもしろいかもしれませんネ!

 RIMG0053 

 

お料理講習会(干し野菜)

今日は教会信徒のUさんが、野菜にまつわる知恵と工夫を教えて下さいます。

特に野菜の旨みと栄養が凝縮された「干し野菜」は保存もきき、重宝するそうですヨ

 

まずはUさんが準備してくれた手書きのメモをみながら

「どんな野菜が干し野菜に適しているか」「注意することなど」を教えてもらいました。

自らの経験で書かれた貴重なメモです~

P1030129

↑画面端に見えているのは、干したゴボウです。

ポリポリとスナック菓子のような食感と、凝縮されたゴボウの味と香りが

食べた後もしばらく楽しめます!

P1030123

毎日当たり前に捨てていた野菜の皮や野菜くずを、今日は

味噌汁のだしとして使うそう!どんな だし汁が摂れるんでしょうか?

P1030124

台所には他にも味噌汁の具になるような干し野菜や

干し野菜から摂ったエキスなどが準備されていました。楽しみ~

P1030125

P1030127

P1030130

ほら!さっきの野菜くずを煮出してみると・・・スープのような煮汁がでてます~

水と酒しか入れてないので、色は野菜から出ました。

「この香りはセロリ!」鼻のよい人には判るんですネ~

姿は変わってしまっても、野菜はスープの中にちゃんと残ってますcheeky

味噌汁だけでなく、ベースとして色々なお料理に使えますヨ

P1030131

具が煮えるのを待ちながら、Uさんの食べ物にまつわる思い出を聞きました。

ご主人を看取られた経験からは「体に良い食材でも、本人の口に合わないのに

無理することない。納得して美味しく食べられることが大事」と話してくれました。

P1030132

さて、味噌汁の完成! ゴボウ茶と一緒にいただきます。

たくさんの野菜から摂ったダシでできた味噌汁。

具となった干し野菜や干しニンニクからも味が出ていました!

P1030134

一年で最も寒いこの時期、安くて栄養価の高いものを食べて

元気に乗り切りたいですね!

家族に対する愛情と、食材への感謝の気持からできたUさんのお料理。

とっても美味しかったです~

P1030133

 

 

 

 

        

ふれあいサロン西宝町(11月)

11月30日は、地元の方々をお誘いして災害について

語り合いました。

DSC_0077

DSC_0079

いざという時、幼稚園・教会が持っている敷地や施設が

地元の方のお役に立つようにとの願いで、幼稚園のホールを

見学していただいたり、非常食の試食などを行いました。

みなさん関心の高い話題のようで、たくさんの方がお集まりくださいました!

DSC_0081

大災害はその時にならないと、どうすればよいか判らないことも

たくさんあります。

それでも、まずは「身近な人と助け合う」という意識が

災害を乗り切るために絶対に必要なことだと改めて確認しました。

これからも教会も地元の方々から、情報や知恵を与えていただければ幸いです。

   DSC_0079

クリスマスリース作り(ハンドメイドの会)

11月のハンドメイドの会は、前回に引き続きクリスマスの準備です。

山から採ってきた自然の材料を使って、手作りのリースを作ります。

RIMG0059

「最近、山に行くのが趣味」 という信徒Mさんを初め、皆が

自宅や近所から材料となる葉や実や枝を持ち寄りました。

それらを彩りよく、リースの芯に付けていきます。

RIMG0060

リース作りには、幼稚園のお母さん方もたくさん参加されました。

皆さん熱心に我が家オリジナル!のリースを作っていましたヨ~

RIMG0058

作業の間には、お喋りも楽しいものです。こういう時間がいいですよネ~

RIMG0057

子どもたちも時々お母さんにアピールしながら、お利口に過ごしてくれました。

お友だちもたくさんいたしネlaugh

RIMG0062

RIMG0063

・・・そろそろ、台所では、お茶の準備も出来たみたいですヨ

みなさん仕上がり具合はいかがでしょうか・・・?

RIMG0064

皆さんのセンスの良さには、ハンドメイドの会もビックリ~

ステキなクリスマス・リースが出来上がりましたね!

RIMG0061

クリスマスまで、あとひと月足らず・・・

今日からお部屋の飾りが、また一つ増えましたheart

RIMG0061