ハンドメイドの会 「いちごジャム作り」

「ジャム作り」と聞いて、集会室を除いてみると

皆さん座ってお喋りしている・・・「まだ始まってないの?」ときくと

本日のレシピを教えてくれました。

RIMG0033

① いちご に 砂糖(いちごの30%~50%の重さの砂糖) を入れて

  レモン汁をふりかけ、20分おきます。

※ レモン汁は いちごの色が悪くなるのを防ぎます。

  こうして20分待つと、砂糖の浸透圧で、いちごから水分が出てきます。

今は20分の待ち時間だったんですね~cheeky

RIMG0035

さて、いちごから水分が出たところで、鍋を火にかけます。

② いちごを潰しながら、強火~中火で煮ていきます・・・

RIMG0040

グツグツ、コトコト・・・根気のいる作業なんですが

いちごは水分が多い果実なので、他の果物よりは早くジャム状になるらしいです。

お喋りしたり、交代しながら、混ぜ続けます。

RIMG0041

こちらでは、ジャムを入れるガラス瓶を煮沸しています↓

RIMG0042

いちごの粒がなくなりかけた頃、表面にアクが出てきました。

アク取りは神経質になると、食べるジャムが減ってしまうので

ほどほどでよいそうです!

RIMG0043

さて、そろそろ完成ではないでしょうか?

すでに建物の外まで、甘い匂いが漂っていますヨ~

RIMG0048

火を止めて、ジャムをビンに詰めています。

お母さんたち手早いです! 実はこの時点でジャムは熱いですから

ビン詰めはスピードが大切です 「アチチ!」

RIMG0047

ビンに蓋をしたら、逆さまに置きます。

こうすることで、ビンの中や蓋についた雑菌を熱で退治するんだそうです。

RIMG0051

では、余ったジャムで試食タイム~

レモンバームとクールミントのハーブティーも入りました。

爽やかな香りと鮮やかなグリーンがジャムの赤にとても合っていました。

RIMG0054

手作りスコーンを持って来てくれたお母さんもいて

すっかりカフェ気分laugh

RIMG0055

ちなみに、野いちごのジャム↓ の試食もありました。

いちごより濃厚で好評でした。 

季節のいろんな果実をジャムで味わうのも

おもしろいかもしれませんネ!

 RIMG0053 

 

コメントは受け付けていません。